上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鯛のアラ(頭だけだった)を、3尾分280円で購入してきたオヤカタ様。

エラもウロコも処理されておらず、半分に割られてもいませんでした。このへんが安い理由だね。
でも大きくて立派なんです! 

とにかく流水で洗ってからエラとウロコを処理し、鯛の前歯の真ん中に包丁を入れてみるも、とてもじゃないけど私のかよわい細腕(笑)では頭をかち割るのは無理でした。
出刃がないとダメ?肉切り包丁しかないんだけど(最近お友達になった『寿司職人歴○十年』のナイスミドル曰く、「魚おろすなら、よく切れる出刃がないと駄目」らしい)。

まぁ火が通りにくくなるだけのことなので、割るのは止めにして、まるごと煮つけることにしました。この前鯛のアラの味噌汁作ったばっかだし。

鯛が重ならないように大きめのフライパンを使いましたよ。

塩を振って15分ほど置いた後、沸騰した湯に鏡面の身が白くなるくらいまでくぐらせ氷水に漬けてから、取り残した血合い部分を取り除きます。

これで、完全に下処理終了。食べない分は、水気を拭いてラップに包んで冷凍庫へ。


       002_convert_20110612195736.jpg
日本酒50ml ・ 鯛が少し出るくらいの水(半割りにしてない分、身が厚いため多めになった) 1ℓくらい ・ 砂糖 大さじ(大盛り)3 ・ 塩 ひとつまみ ・ 醤油 大さじ7~8 ・ みりん 大さじ 半分(照り出し用に最後に入れた)
上に書いてある順に、一つずつ調味料を入れて味を作っていきます。

生姜スライスとネギも臭み消しに入れてあります。アルミホイルで落し蓋も作って、時々煮汁をかけまわしながら煮ました。

水が多くなった分、調味料が増えた。身も厚いから、煮る時間も増えたし。

コッテリ味にしたかったので余計に濃くなったけど、食べてみたらホッコリいい感じで美味しかったです。これくらい染みてる感じが好き。

魚の煮つけがあまり好きではないオヤカタ様も、鯛のアラ煮なら何故か喜んで食べます。美味しかったそうです。そりゃ良かったね。

甘味を出してくれる玉ねぎを入れるのも好きだけど、今回はなし。

・・・ここまで書いて思い出したけど、出汁昆布を入れるの忘れてました。いつもなら入れてるのに…。
だから余計に濃くなっちゃったのかもしれません(;・∀・)。
まあ鯛からいい出汁でるから問題ないけど。

最近、妙に忘れっぽいんだけど、どうしたんだろ?

2日前だったっけな?(←それも忘れてる)「背中側が冷えるように痛い! これは胆石とか膵臓炎とか!? この後激痛が来るかも!? あ~どうしようどうしよう・・・」と、ひとしきり一人でオロオロしてから、ふと患部に手をやり、「あ、さっき湿布貼ったんだった(←5分か10分前だよ)」と思い出したくらい忘れっぽいハルクママなのです。
湿布貼ったんだから、そこが冷たいのは当たり前だっつ~の!!ホント馬鹿だね。


       003_convert_20110612195757.jpg
具沢山の味噌汁・ほうれん草のおひたしと一緒に食べる。




             押すと現在のランキング順位が分かります─v(-∀-)v─♪
  ランキング参加挑戦中です! 気に入った記事があれば、クリックお願いしますm(_ _)m
          にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へにほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ人気ブログランキングへ
          クリックしても、変なサイトへは飛びませんから大丈夫です(;^ω^)

FC2ブログランキング(グルメ 食品・レシピ) ・ ブログ村(猫 アメリカンカール) ・ ブログランキング(料理 料理全般) おかげ様で上位(なんと! 3位までに入ってたりするのだ)にランキングされてます。
ありがとうございます





スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hulkmaman.blog41.fc2.com/tb.php/81-20d08e4b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。