上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ぶりこ』と言えば、ハタハタの卵のことですが、これは本当に『ぶりの子』。すなわち、鰤の卵です。

         DSC07454_convert_20110503134430.jpg
天然ぶりの卵。299円。大須のスーパーサノヤで購入。

         DSC07455_convert_20110503134456.jpg
でかいよ、ほら。くっついてる2腹を引き剥がすように、薄皮を剥いでいく。流水をかけながらの方が、やりやすい。

         DSC07456_convert_20110503134523.jpg
水の中で、太い血管に穴をあけて押さえたりして、なるべく血を取り除いたけど、結構目立つな。こんなんじゃぁ、カラスミ作りは無理かしら?

         DSC07457_convert_20110503134546.jpg
4つに切り分け、熱湯にくぐらせたあと、氷水に取ります。鯛の子でもやるように、花が咲くようにするの。

         DSC07458_convert_20110503134611.jpg
花が咲い…たのかな? なんだこりゃ!? このあと、昆布出汁 300㏄ ・ 酒 200㏄ ・ 砂糖 大さじ2 ・ 醤油 大さじ3~4 ・ みりん 50㏄ くらいで弱火でじっくり煮ました。臭み消しに、生姜スライス2切れ(これは途中で取り出した)と、ちぎった梅干2個も入れました。
実を言うと、調味料の分量はウロ覚えなの…(´・ω・`)。

卵とはいえ、ぶりだからクセが強いかと思い、味は濃い目にしておいたことは確かですが(笑)。

       DSC07468_convert_20110503134644.jpg
出来上がりは、綺麗な花が咲いたよ

切り分けたとはいえ大きいので、中のほうまで味が染み染み!というわけにはいかないだろうと思い、少し煮汁を別に取り、片栗粉でとろみをつけたものをタレにして、上からかけまわしてあります。片栗粉は水ではなく、冷ました煮汁で溶きました。

結果は大正解! タレにつけながら食べると(゚д゚)ウマ-!!でした
食べ応えはあるが、魚卵はコレステロールが高いので注意! しかし、いったいこれで何匹の稚魚が孵るんだろうか? プチプチした小さいやつ、めっちゃんこたくさんあるよ!?

       DSC07460_edited_convert_20110503134713.jpg
これは、まおちゃんのドアップ(`‐ェ‐´)。めっちゃんここっち見とる。


にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hulkmaman.blog41.fc2.com/tb.php/41-cc8e7ddd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。