上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてアンキモ作ってみましたよ。

ブリの肝で『ブリキモ』作ったことはあるけどね(笑)。

   001_convert_20120119180607.jpg
   002_convert_20120119180631.jpg
作り方は、ブリキモと全く一緒。

まず生のアンキモの血管や筋を取り除き、塩をたっぷり振って30分置きます。
血管や筋は、既にお店で処理されてるかもしれないけど、所どころ残っていたりするので自分でもやっておいたほうが無難です。
下処理をしっかりしないと生臭みのもとなので、ここは丁寧に!

ボウルに入れた酒で塩を洗い流し、水気を拭いたら醤油に5~6分漬けます。
ビニール袋が便利。

また酒で洗い、水気を拭いたら包んで密封し、臭い汁逃しのための穴を6~7カ所開け、蒸気の上がった蒸し器で20分蒸し、自然に冷まして出来上がり。

荒熱が取れたら、そのまま冷蔵庫で冷やします。

    006_convert_20120119180651.jpg
    004_convert_20120120093240.jpg
ちゃんと形良く包まれてるかどうかを確認できるよう、透明なラップを使いたかったけど、穴を開けると破れてしまった…。ブリキモのときはラップで上手くいったのに、大きさが違うからかな?
アルミホイルに変えたら、途端にやりやすかったです。

アルミをめくってみると、出来そこないのソーセージみたいに見えるね(笑)。


ラップで何度も失敗して、「何が悪いのかな~」と、その肝をまじまじ見てたら、渦巻き状の模様を見つけ、「なんだこりゃ?」と、薄皮をめくって中から白くて細長いものをニュルッと取り出し、しばらく手の上に乗せてたら、なんと!そいつはゆっくりと動き出したのじゃった。
…アニサキスだった(;´Д`)。ちょっと凹む(笑)。

だけど何度包んでも失敗したおかげで発見したってことは、神の啓示!? おお、神よ…。

慌てて残りの肝も、ガン見(`・ω・´)して確かめたよ!!
まぁ、加熱するから死ぬけどね。

後から、既に酢で締めて冷蔵庫に寝かせてあった酢アジもガン見しておいた。
小骨を抜いてるから、さすがに見落としはないと思うけど(;・∀・)、ヤツは酢に漬けたくらいじゃ死なないから注意じゃ。


     014_convert_20120119095246.jpg
脂が多くてこってりしてるね~、アンキモって。
チビチビ食べるだけで、満足♪

鮟鱇って、身の方はほとんど栄養がないけど、肝はた~っぷり栄養もカロリーもあるんだってね。
うん、そんな感じ(笑)。

因みにブリキモは、ねっとりしながらもチュルンとした舌触りで、味ももう少しあっさりしてるよ。
脂がない感じなの。


久しぶりに、『変わったものクッキング』が出来て楽しかったわ~ん♪


…アニサキスの件は、4本全部食べてからオヤカタ様に告白します(笑)。
ヤツがいた分はハルクママが食べたけど(←多分)、オヤカタ様は怖がりだから、そんなこと聞いたら二度とアンキモ食えなくなっちゃうかもしれないもんね。

ってことは、永遠に内緒にしておいたほうがいいのかな(;・∀・)?




      ランキング参加挑戦中です! どうぞ清き一票…ならぬ、クリックを!!
          にほんブログ村 猫ブログ アメリカンカールへ人気ブログランキングへ
            
FC2ブログランキング(グルメ 食品・レシピ) ・ ブログ村(猫 アメリカンカール) ・ ブログランキング(料理 料理全般)に参加しています



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://hulkmaman.blog41.fc2.com/tb.php/268-44e1d9cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。